社会福祉法人 高洲福祉会|まどか保育園|石神井町さくら保育園

  • 社会福祉法人 高洲福祉会|まどか保育園|石神井町さくら保育園
 

保育内容

             
   
  
◆ あそび ◆
 
 子どもが主体的に行動し、思いやりや協力して何かをやり遂げる力、良い人間関係を作る力は「遊びの中で育つ」と考えています。そのためにも毎日の日課の安定とより良い遊びが保障される環境作りに取り組んでいます。
 室内遊びでは発達に応じた優れた玩具をそろえ、集中力や想像力、創造力を身につけられるようにし、戸外遊びでは十分に体を動かして遊び、身体能力を高めています。
 
 
 
 ◆ 食事 ◆
 
 乳幼児の食事は健康的な食生活を身につける上で最も大切です。季節にあった献立を作成し、旬の食材や添加物の少ない食材・調味料を選んで使っています。
 手作りおやつやアレルギー食への対応も実施しています。細やかで丁寧な食事介助や食器や食具にも配慮しています。
 
 
 
◆ 絵本 ◆
 
 人の話を聞く力や、集中力・想像力を培うためにも子どもたちに良質な絵本に沢山出会ってほしいと願い、幼児クラスは毎日子どもたちに絵本を読むお話の時間があります。
 良い絵本に沢山出会った子は、人の話を聞く力が身に付き、集中力・想像力が養われます。
 ※ 絵本の貸し出しは毎週木曜日に行っています。
 
 
   
 ◆ お誕生会 ◆
 
 1年に1回だけの大切な日です。その子の誕生日にクラスでお祝いをしています。その子のための誕生飾りで、誕生日をクラスの保護者にも紹介し、当日は心を込めてお祝いをします。
 
◆ 行事の捉え方 ◆
 
 お正月、節分、ひなまつり、端午の節句、七夕、十五夜の年中行事は、日本の文化の伝承として大切に取り組んでいます。夕涼み会、運動会、大きくなった会、卒園式などの保育行事は、子どもたちに過度の負担を強いることなく、日々の保育の中で身につけた力や、成長した姿を表現し、楽しく参加できることを目標にしています。